CX^
tFCXubN

NEWS

2022.10.11  

MOLGRAF

Category / -News Posted by / ORYEL

グラフィック コミュニケーション プロダクトブランドMOLGRAF (モルグラフ)を始めました。デザイン性と機能性をストイックに追求したバーティカルラインと、カジュアルな感覚で使ってもらえるホリゾンタルラインがあります。下記リンクのAmazonの「MOLGRAF STORE」にて販売開始しました。ブランドを立ち上げた経緯なども明記しておりますので、是非Amazonサイトを覗いてみてください。
Amazon / MOLGRAF STORE

※MOLGRAFの正規商品は、インターネットではAmazonのみで販売しております。最近、Yahooショッピングや他サイトにて高値で転売されておりますが、無在庫転売な上に、弊社の写真画像を無断使用し著作権侵害している悪質なショップなようなので、絶対にAmazon以外では購入しないようご注意ください。


 世の中にはまだまだグラフィックデザインの力が活かされていないものがたくさんあります。今後は車以外のカテゴリーのアイテムも展開していく予定です。アパレルブランドや企業、クリエイターなどとのコラボもできたらと考えています。ブランド名MOLGRAF (モルグラフ)の意味はオランダ語で「モグラ」を意味する「MOL」と、「グラフィック」を意味する「GRAFISCH」を組み合わせてつくった造語です。略称「モグラ」です。

2019.03.03  

nu board

Category / -Others Posted by / ORYEL

先日のテレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)で紹介されたnu board(ヌーボード)が、おかげさまで飛ぶように売れています。Amazonでは在庫を追加してもすぐに売れてしまうようです。コンパクトサイズの「nu board新書判 FME」、ジャバラタイプの「nu board Jabaran」(完売)、スケジュールやTodoを書き込める「nu board LIGHT」は、少し在庫に余裕があるみたいです。「nu board新書判 FME」や「nu board LIGHT」は、ちょっとしたメモにとても便利です。ホワイトボードなので、紙の無駄にもなりません。
nu board (Basic)
nu board Jabaran (完売)
nu board Light

10周年記念 nu board A4 復刻版

10周年記念 nu board Square

10周年記念 nu board B5

2022.11.30  

New nu board SQUARE

Category / -Others Posted by / ORYEL

欧文印刷さんのヌーボード10周年記念のためにデザインしたノート型ホワイトボード・ヌーボード スクエアの発売から1年が経ちました。おかげさまでとても評判がよいということで、ヌーボードの定番シリーズとして新たな装いで展開されます。新スクエアは、表紙の「10周年ロゴ」が通常の「nu boardロゴ」になり、カラバリは10周年記念で好評だった「あさぎ」「ふじ」に加え、新たに「ライトサンド」と「エアリーピンク」が仲間入りしました。かなり綺麗な色のシリーズになりました。「あさぎ」「ふじ」のロゴ色はホワイトの箔押し、「ライトサンド」、「エアリーピンク」のロゴ色はマットシルバーの箔押しです。表紙には竹尾さんの「ミニッツGA」というとても手触りのよい用紙を使っています。明日12/1(木)からAmazonなどで販売開始です。価格も1,320円とお手頃なので、ホワイトボードノート未経験の方はこの機会に是非。とても便利でエコフレンドリーなアイテムです。

Amazon / nu board SQUARE

2022.11.23  

2023年度 八女中・八女高 大同窓会

Category / -Others Posted by / ORYEL

母校の福岡県立八女高等学校で開催される「2023年度 八女中・八女高 大同窓会」のアートディレクション+デザインを担当しました。(実行委員会の皆さん、お声がけいただきありがとうございました)

これまでのすべての卒業生が参加できる大同窓会ということで、各世代によって作り上げられてきた歴史や年月を樹の年輪のようなイメージで表現しました。いろいろな世代の卒業生に集まってほしい、これから先も新たな年輪を作り上げていき輝かしい未来へと繋ってほしいという願いを込めたデザインになっています。来年には地元の八女を中心にポスターやチラシがチラホラと出現し始めると思います。

八女高校の前身である八女中学校は作家の五木寛之さん、八女高校は俳優の黒木瞳さん、田中健さんの出身校でもあります。それと尾崎豊さん、浜田省吾さんなどの多数のジャケットデザイン、スラムダンクの著者である井上雄彦さんの「バガボンド」の全装丁などでも知られアートディレクターとしても大先輩である田島照久さんも八女高校出身です。

以下、2023年度八女中・八女高大同窓会のテーマです

■ 開催テーマ ■

find a new way ~輝く未来を描こう~

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、二度の大同窓会の中止から、本年、3年ぶりに大同窓会を開催することができました。新型コロナウイルスは、私たちの生活を大きく変化させました。一方で、ZoomやSkypeなどのオンラインツールの急速な普及により、コミュニケーションの取り方も大きく変化しました。ワクチン等の開発により、少しずつではありますが、元の生活を取り戻せる兆しが見えてきました。来年度は、ポストコロナの最初の大同窓会となることを願い、「find a new way~輝く未来を描こう~」をテーマに、母校八女高校で、貴重な時間を通じ、たくさんの方々が繋がることのできる新しいカタチの大同窓会を開催したと考えています。

2022.11.12  

井の頭公園

Category / -Others Posted by / ORYEL

富士見ヶ丘の事務所から約3km地点にある井の頭公園。夜も綺麗です。

2022.10.06  

夏→冬

Category / -Others Posted by / ORYEL

雨と寒さで秋を通り越してすっかり冬モードになって物寂しい季節ですが、寒い季節の美しさを楽しみましょう。

「美しさ」と「機能性」を両立させた、あおり運転対策ステッカー

Amazonで販売しています。ぜひ下記のAmazonサイトご覧ください。

https://www.amazon.co.jp/s?me=APIE6VS8QYC19&marketplaceID=A1VC38T7YXB528

2022.09.08  

家庭用ゴミ分別ステッカー

Category / -Others Posted by / ORYEL

MOLGRAF 家庭用ゴミ分別ステッカー

サイズが大きすぎず、視認性もあり、子供も読めるように日本語をメインに、シンプルでインテリアの邪魔をしないデザインに仕上げました。それと、「環境問題について考えよう」というメッセージを入れることで、「このパッケージは過剰包装だな」、「これ買ったけどあまり使わなかったな」、「ほぼ捨てられるであろうチラシを売上を上げるために無作為に投函する企業って大丈夫?」、「経済を回すために消費は大事だけど、、、」みたいなことを考えるきっかけになって、単純に「ゴミの分別」をすればよいということだけではなく、ゴミを出すこと自体に疑問を感じてほしいと思いました。
これは自分自身に対してのメッセージでもあります。人間は、常に矛盾との戦いです。

MOLGRAFは普通の日用品を美しくさらに機能的にデザインすることで、無意識に物や景観に対する感覚の底上げができればと考えています。「デザイン好きのためのデザイン」だけではなく、どこでも売っている日用品が当たり前のように美しくなれば、日本全体が美しくなって素敵ですね。

下記リンクのAmazonの「MOLGRAF STORE」にて販売開始しておりますので、是非Amazonサイトを覗いてみてください。
Amazon / MOLGRAF STORE
 

2022.09.01  

17th

Category / -Others Posted by / ORYEL

独立して17年経ちました。いつもありがとうございます。

2022.08.20  

BLANC..

Category / -Others Posted by / ORYEL

ISETAN MEN’S (伊勢丹新宿店メンズ館)のアイウェアブランド・BLANC.. / 817 BLANC LNTの直営店のためにデザインしたショップカード、ミニ封筒と会社用封筒。

2022.06.16  

nu board

Category / -Others Posted by / ORYEL

6月19日は「父の日」

プレゼントに、是非、ヌーボードを。

Amazonでお手頃な金額で購入できます。

Amazon / nu board

2022.05.02  

LHITE

Category / -Others Posted by / ORYEL

アイウェアブランド・BLANC..(ブラン)が、 ブランド設立から10年の節目の年に原宿に初の直営店LHITE(ライト)をオープンしました。ロゴやショップツールをデザインしました。設立時まだ何もないところからロゴ、ビジュアル、パッケージなどいろいろと関わってきたので、とても感慨深いものがあります。このような素晴らしい機会に立ち会えたことを本当に嬉しく思います。店舗デザインは大学時代からの友人でもある二俣公一氏 が率いるCase-Realです。

PAGE UP